看護師の資格を取得する

それまで看護師の仕事に対して何の興味も持っていなかった人が、何かをきっかけに看護師を目指すことがあります。遅咲きでも、看護師として働いている人はたくさんいるのです。そのきっかけは、人それぞれだと思います。両親が年老いていく中で医療知識を身に着けたいと思ったことがきっかけになった人、結婚して子供が産まれたもののシングルマザーとなってしまい、将来を考えて安定した仕事をと考えた人などなど。私の知人のお母さんは、まさに後者の方でした。結婚して出産し専業主婦をしていたものの、離婚してシングルマザーになってしまいました。詳しい理由を聞いたことはありませんが、おそらく収入面などの将来的なことを考えて看護師へ転職することを考えたのだと思います。しかも、すでに30歳を越えていたというから驚きでした。現役の学生の頃とは違い、知識を頭に収めていく能力は衰えています。看護師の資格を取るためには、看護学校に入学しなくてはいけません。そのために、まず受験勉強をしなくてはいけないのです。また、社会人の看護学校受験は、かなりの狭き門と言えます。応募者が多数な割に、一つの学校で受け入れてくれる人数はスズメの涙ほどです。学校に入っても、勉強と育児の両立はかなりの苦労だったっと思います。しかし、現役の学生でさえ寝る間も惜しまなくては追いつけない勉強です。そうしなくては単位を落としかねませんし、看護師の資格を取れるかどうかも心配です。私も2歳の子供がいますが、自分の趣味に充てる時間すら取れません。そんな中で、何かを習得しなくてはいけないというのは相当の努力が必要だと感じました。しかし、そうまでしても取りたい看護師の資格は、高収入・定年がないと言っていいぐらい働ける・そして何よりもやりがいを感じられるということが魅力だと思います。